インフルエンザ予防接種効果期間2019年はどれくらい?幼児は大人より短い?!

話題のネタ

毎年の日本の冬の恒例行事的な要素になっているのが、インフルエンザの流行ではないでしょうか?つい先日まで30℃を超える暑さだったのに、もうインフルエンザが流行している地域があります。今年のインフルエンザの流行は例年より早そうです。今回はそんなインフルエンザ予防接種効果期間2019年はどれくらいか。効果期間は、幼児は大人より短いのかを調べてみました。

インフルエンザ予防接種効果期間2019年はどれくらい?

2019年夏に沖縄での流行が話題になっていたインフルエンザですが、九州や東京都などでも、散発的な流行が始まっています。

2019年のインフルエンザ対策は、早目に動いた方が良さそうです。

例年ならば

インフルエンザA型(1月下旬から2月上旬)が流行ってから

B型(2月中旬から下旬)が流行るのに

もうすでにB型も流行し始めているらしいですよ(‘Д’)

A型もB型も両方とも注意しなくてはいけないという事ですね( ;∀;)

インフルエンザにどうしても掛かりたくはないですよね〜

例年ならば、インフルエンザは、毎年11月頃から始まり翌年の2月いっぱいまで猛威をふるい続けます。

特に、小さいお子さんや小中学生となると、子供同士からの感染で学級閉鎖なんて事もありますよね〜

そして、受験生が家庭にいるとインフルエンザにはかな〜り敏感になると思います!

そこで、本格的にインフルエンザシーズンに入る前にインフルエンザの予防接種について知っておきましょう。

 

 

インフルエンザ予防接種効果期間ですが打ってからその効果があらわれるまで

通常2週間程度かかり約5ヶ月その効果が持続する

とされています。

ワクチンに期待した効果が得られるかどうかに関しては

  • 打ったワクチンとインフルエンザの流行株が一致しているか
  • どの年齢の方に打つのか

によって変わってくるそうです。

 

予防接種をした人と、してない人におけるインフルエンザの感染率は、予防接種をした人の感染率の方が明らかに低いです。

また、たとえ予防接種をしてインフルエンザに感染してしまったとしても、生命にかかわるような重篤な合併症(インフルエンザ脳炎、インフルエンザ肺炎など)は防ぐことができます。

以上のことから、とくに生後6か月~就学前、高齢者(65歳以上)の感染に対する免疫力の比較的低い年齢層の方にはインフルエンザの予防接種を打ったが良さそうですね。

私は毎年インフルエンザの予防接種を打っていますが、周りは打たない人の方が多いです・・。

副作用やワクチンを身体にいれるのが嫌だという理由なのですが、私はインフルエンザにかかる方が嫌ですがね・・。

有難い事に、今までインフルエンザにかかった事はありません。

主人は医療関係者なので、もちろん主人も毎年打ってます!

予防接種を打つ時期は、インフルエンザシーズンの3ヶ月に被せるように打つ方がいいですね!

 




 

インフルエンザ初期症状2019年は頭痛と喉?!下痢や熱なしの場合は?

出産入院準備キャリーケースは必要?バックは分けるがおすすめ?!

出産入院準備リスト秋はパジャマは何枚必要?帝王切開の場合は?

ミドル臭はどんな臭いなの?女性必見の対策はボディーソープと食べ物だった?!

疲労臭と加齢臭の違いとは?!対策になるの食べ物はなに?

fascia(ファシア)筋膜と筋肉ストレッチの違いとは?ゆるゆる体操がいま話題?!

離乳食を蒸し器で作るおすすめは野菜?!使い方や解凍はレンジでOK?

血液クレンジング効果なしと大阪で話題?!効果の持続時間はどれくらい?

浮き指の改善は脚痩せ効果もある?!エクササイズやトレーニング期間は?

焼き芋食べるとおならが出る理由は?対策は皮を食べるって本当?!

インフルエンザ予防接種効果期間2019年幼児は大人より短い?!

インフルエンザ予防接種は

生後6か月~3歳未満の方は0.25mlを2回接種。(6か月未満は接種不可)

3歳~13歳未満の方は0.5mlを2回接種。

13歳以上の方(大人を含む)は0.5mlを1回接種。

幼児が2回予防接種を行うのは、ブースト効果が期待される為です。

2回予防接種を行う事で抗体が出来る率が65%から95%に上がります。

インフルエンザ予防接種効果期間は、幼児が大人より短いという事は無いようです。

効果期間は、個人差もあるようで、全員同じという訳ではないので、病院では

「約5カ月くらい」

とか

「3カ月~6ヵ月くらい」

と言われているようです。

 

 

インフルエンザワクチン予防接種を2回接種する場合、1回目と2回目の間隔はどれくらいあければいいか気になりますよね。

答えは、通常、1~4週間隔で接種可能ですが、免疫効果を考慮すると

生後6か月~13歳未満の方は2~4週間

だそうです。

そして、13歳以上の方は(通常1回接種ですが希望があれば)1~4週間おくことが望ましいです。

そうなんです!

13歳以上でも理由があれば、2回に分けて摂取出来るそうです。

病院が受け入れてくれればのようですので、かかりつけの病院に相談して下さいね。

 

先ほど、インフルエンザ予防接種効果期間にも記載しましたが

通常成人では1回の接種で2週後から血中の抗体の量が増え始め、4週でピークに達し、3~5カ月後から低下しますが、ウィルスが侵入してくると免疫系が反応して抗体の量はまた増えるため、ワクチンの効果はもっと長く続く可能性もあります。

ただし、インフルエンザウィルスは毎シーズンのように変異し、ウィルスのタイプが変わります。

抗体価(抗体の量)は刺激されないと維持できないので、全く新しいタイプのウィルスが流行すると1回の接種では発症を防げない場合もあります。

過去のワクチン接種歴やインフルエンザ罹患歴も含めて、免疫反応に個人差が大きいのはもちろんです。

 

 

そして、一番気になるのがインフルエンザ安全性ではないでしょうか?

子供にワクチンを打たせるならば、やっぱり副作用や安全性などもきになるところですよね〜

ワクチンを接種する訳ですから、多少なりとも副作用は出る事を考えていた方がいいでしょう。

2回接種する場合には副作用の発生確率も1回の接種時より、高い確率で副作用が出やすい状況になります。

副作用は軽い物から重症化する事もあります。

軽い場合では、予防接種した部分が腫れたり、ごく稀に熱が出る場合もあります。

私は、3年前に予防接種を受けた後に、予防接種した部分が真っ赤に腫れとても痛かったです。

理由があるのですが、予防接種を受けたと知らなかった知人が何度も飲みの席でその部分に何度も触れたんですよね・・。

副作用ではなくそれが原因だとは思いますが、腫れるととても痛いので気を付けて下さいね(‘Д’)

副作用の重症化の場合は、アレルギー性ショックや蕁麻疹・呼吸困難などが起こる場合もあります。

アナフィラキシーショックに近い感じと思っていた方がいいでしょう。

これだけの副作用がでると言う事は安全性が問題になりそうですが、予防接種をしたからと言って必ず副作用が出る訳ではありません。

どうしても副作用が気になる場合は直接医師に相談してくださいね!

 

通常、年末年始のインフルエンザ流行時期の発症を予防することを考えると

6か月~13歳未満の方(2回接種)

  • 1回目を10/1~11/15頃
  • 2回目を11/1~12/15頃

13歳以上の方(1回接種)

  • 10/1~12/1頃の接種

が効果的です。

また、受験生や渡航予定者は、その日程の3~4週間前までに接種するとよいでしょう。

私は今年は妊婦なので、インフルエンザ予防接種を受けようか悩んでいます。

次回、お医者さんに相談してみようと思っています。

2019年に限っては、8月頃からインフルエンザに感染している方がいらっしゃることから、例年よりも早期に予防接種することをお勧めします。

 




まとめ

インフルエンザワクチンでインフルエンザの発症を完全に防ぐことはできませんが、発症率を下げ、合併症を防ぐことができます。まずは、日頃のうがいや手洗いが重要な要素になってきますので、自分でできる予防法をしっかりと実行して健康を保ちたいものですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

良かったらこちらもご覧ください↓

インフルエンザ初期症状2019年は頭痛と喉?!下痢や熱なしの場合は?

出産入院準備キャリーケースは必要?バックは分けるがおすすめ?!

出産入院準備リスト秋はパジャマは何枚必要?帝王切開の場合は?

ミドル臭はどんな臭いなの?女性必見の対策はボディーソープと食べ物だった?!

疲労臭と加齢臭の違いとは?!対策になるの食べ物はなに?

fascia(ファシア)筋膜と筋肉ストレッチの違いとは?ゆるゆる体操がいま話題?!

血液クレンジング効果なしと大阪で話題?!効果の持続時間はどれくらい?

浮き指の改善は脚痩せ効果もある?!エクササイズやトレーニング期間は?

焼き芋食べるとおならが出る理由は?対策は皮を食べるって本当?!

話題のネタ
naruをフォローする
転勤族妻が教える美味しくお得なお店!

コメント

タイトルとURLをコピーしました