大興善寺のあじさい2022年見頃や駐車場料金が気になる!ランチの場所はある?

イベント

佐賀県基山町にある大興善寺の契園(ちぎりえん)は、春のつつじと秋の紅葉が有名です。

大興善寺は、あじざいやシャクナゲなども植えられており、一年中四季折々の風景が楽しめるお寺として人気があります。

今回はそんな大興善寺のあじさい2022年見頃や駐車場料金。

そして、大興善寺周辺にランチの場所はあるのかについてまとめてみました。

 

 

 

大興善寺のあじさい2022年見頃や駐車場料金が気になる!

紫陽花

 

大興善寺の公式発表によると、2022年4月22日金曜日現在

契園内のつつじは、見頃になってまいりました。

契園入園してすぐの広場は満開で、全体的に見頃の状況です。

一目一万本のつつじも7分から8分咲きの様相です。

 

2022年4月中旬は、大興善寺のつつじが見頃の時期のようです。

大興善寺のあじさい2022年見頃

大興善寺のあじさいの見頃は、例年6月初旬です。

 

 

 

大興善寺は「つつじ寺」と言われるくらいツツジが有名です。

例年4月中旬から5月初旬がつつじの見頃を迎え、そして、6月からは新浴の景観を残しながら、園内の「あじさい苑」では500株の紫陽花が咲きます。

 

 

 




大興善寺のあじさい2022年アクセス・駐車料金

 

大興善寺へのアクセスは、車が便利です。

 

アクセス

住所:佐賀県三養基郡基山町園部3628

 

大興善寺の駐車場は

参拝者用駐車場と大駐車場の二か所があります。

 

参拝者用駐車場は、大興善寺の127段の長い階段を登らないので良いので、階段に不安な方は参拝用駐車場に停める事をおススメします。

 

境内そばにある参拝者用駐車場は約20台

127段の長坂の右側の道を進んだところにあります。

参拝者用駐車場は、春・秋の観光シーズン以外は無料で駐車する事が出来ます。

春・秋の観光シーズンは、有料になったり、駐車禁止になります。

春・秋の観光シーズン

  • 4月下旬~5月初旬
  • 11月中旬~12月初旬

 

 

参拝者用駐車場

 

 

大駐車場は約700台駐車可能です。

4月5月11月12月の観光シーズンは、大駐車場を利用して下さい。

大駐車場から大興善寺まで徒歩約10分です。

 

 

駐車料金

 

観光シーズン(4月中旬~5月初旬・11月中旬~12月初旬)

普通車 300円(1台)
マイクロバス 500円(1台)
大型バス 1000円(1台)

 

観光シーズン以外

普通車 100円(1台)
マイクロバス 100円(1台)
大型バス 100円(1台)

 

大晦日(12月31日及び初詣時期(1月1日~1月7日)は大駐車場は無料で利用出来ます。

 

\晴雨兼用傘を持って行くと、日焼け対策と急な雨にも安心ですよ/

 




大興善寺(契園)案内

 

大興善寺の契園という、契山のふもとにある山林植物園であじさいなどの植物は楽しめます。

 

新緑の見頃(4月中旬~6月初旬)

つつじの見頃(4月中旬~5月初旬)

紅葉の見頃(11月中旬~12月初旬)

 

 

開園時間

  • 8時30分から日没まで
  • 8時30分から17時30分まで(紅葉期間中)

 

 

入園料

観光シーズン(4月中旬~5月初旬・11月中旬~12月初旬)

大人 小・中学生
一般 600円 300円
団体(20名以上) 540円 270円
団体(40名以上) 480円 240円

 

観光シーズン以外

大人 小・中学生
一般及び団体 300円 100円

 




大興善寺のあじさい2022年ランチの場所はある?

紫陽花

 

観光シーズン(4月中旬~5月初旬・11月中旬~12月初旬)は、契園の中の施設で飲食が出来ます。

 

お抹茶処

つつじ・新緑・紅葉の名所「日本庭園」を眺めながら、お抹茶やコーヒーが頂けます。

 

食事処

うどんやぜんざいなどの軽食、お土産の販売も行っています。

大興善寺うどんや大学いもが人気です。

建物の2階は宴席になっており、花見の宴会や展示イベントの会場として利用されています。

2階を利用されたい方は、事前に問い合わせてください。

問い合わせ先:大興善寺(0942-92-2627

 

大興善寺の近くには鳥栖プレミアムアウトレットがあります。

鳥栖プレミアムアウトレット周辺には沢山の飲食店がありますよ(#^.^#)

 

 

 

 

\日焼け対策もしっかり!!/

 




 

大興善寺のあじさい2022年まとめ

大興善寺はあじさいの季節だけでなく、一年中、お花や植物を楽しめるお寺です。

大興善寺へ登る127段の階段は令和にはいり「きぼうの階段」と名付けられ、階段の脇には新しい名所になりつつあるつつじのアーチが圧巻です。

参拝だけでなく、色んな季節の大興善寺を楽しんで下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

イベント
naruをフォローする
すぐるんママチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました