小学校受験の面接で失敗た親と合格した親の違いは!子供の服装も大事って本当?

話題のネタ

小学校受験では、ほとんどの学校で面接が行われます。

子どもの内申書やテストだけでなく、面接での親の振る舞いも大切な要因になります。

小学校受験は「親の受験」と言われる事もあります。

親の受験ともいわれる、小学校受験の面接で失敗た親と合格した親の違いはなにか?

子供の服装も大事って噂は本当なのかについてまとめてみました。

小学校受験の面接で失敗た親と合格した親の違いは!

面接は、テストでは見えない子どもさんの側面を知るためのものです。

その為、面接での振る舞いや回答によっては、不合格になる場合もあります。

幼児教室では、面接対策がしっかり行われているんですよ。

 

面接時間は、私立小学校では5分から15分と限られています。

その少しの時間で、学校側は、家庭の教育方針、価値感、家庭間の様子など、さまざま事を情報収集します。

そして、面接は子供さんだけを見るだけのものではなく、保護者の振る舞いもとても大事になります。

学校によっては、重視する点は異なりますが、面接で大事な点はあまり変わらないと思われます。

これを踏まえて、小学校受験の面接で失敗した親と合格した親の違いを見てみましょう。

 

小学校受験の本も出版されています。

 

\面接の合否は、知っていると知らないでは大きな違いが出るので、事前に情報収集してから面接に臨むご家庭が多いようです(^^♪/

 

 

基本的な礼儀・マナーができる

 

基本的な礼儀やマナー、小学校受験では大事になります。

面接官の質問に対する保護者の回答の仕方や内容、身なりや立ち振る舞いなどがチェックされます。

子どもの礼儀やマナーはもちろん、両親の礼儀やマナーも見られているので意識する事が大事です!

面接時だけでなく、受験する小学校に着いた時から、見られている意識で行動する事を心掛けて下さいね。

いつどこで、誰に見られているか分かりませんから(^_-)-☆

学校の教育方針に賛同できる

学校の教育方針に賛同できるかも大きなポイントになります。

入学後に学校側とトラブルにならないようにするためには、事前に学校説明会などに参加し、「どんな教育方針なのか」「どんな子供を学校は求めているか」など情報収集する事が大事になります。

特に宗教系の小学校では、この点が重視されます。

宗教系の小学校は、必ずその宗教に入る必要はありませんが、学校の教育方針や価値観に対して賛同できるかがチェックされます。

 

学校の教育方針と家庭の教育方針が異なれば、入学後に学校側も家庭側も不満が溜まってしまい、色んなトラブルを起こす原因になりますので注意して下さいね(^^♪

 

学校行事に積極的に参加できる

 

面接時には、入学後の学校行事や保護者活動に協力的かどうかも確認されます。

共働きの家庭も多いので、全ての学校行事に参加出来ないといけない。という訳ではありませんが、出来る限り、学校行事や保護者活動に参加したいという姿勢を示す事が大事です。

仕事が忙しいので、学校行事やPTAなどの保護者活動に全く参加出来ないということでは、学校側も受け入れが難しくなる場合もあります。

また、面接時に、お父さんが欠席される場合も学校側はチェックしますので、対処法が大事になります。

両親(家庭)の教育方針がしっかりしている

両親(家庭)の教育方針はしっかり定まっているかがとても大事になります。

小学校受験の面接では、家庭の教育方針と学校の教育方針が同じかどうかをチェックされます。

家庭の教育方針が定まっていいなかったり、ブレていたりすると、学校も入学後の事を考えると合格をためらる傾向があるようです。

面接で合格する家庭は、教育方針がしっかり定まっており、そして、それを面接時にしっかり伝えられる保護者が多いです。

面接でしっかりと教育方針を伝えられる家庭は、両親が家庭でもしっかり教育について話し合ったりしている事が判断できますもんね(^^♪

そのため、家庭の教育方針が定まっていなかったり、ご夫婦での意思疎通が不十分な場合は、面接時までにしっかりと話し合い、教育方針を決めておく事が重要になります。

経済的に余裕がある

 

現実的な話ですが、経済面は重視されます。

特に、私立小学校では、さまざまな費用がかかるので、経済的負担は大きくなります。

入学後の学費やその他の諸費用に耐えられるかどうかが大事になります。

その為、学校側は、現実的にその負担にしっかり耐えられる余裕があるかどうか判断します。

面接での振る舞いや、教育方針だけでなく、経済的余裕も評価の一つになりますので、理解しておきましょう。

 




小学校受験の面接子供の服装も大事って本当?

幼稚園の制服でいいのでは?

と思ってしまいますが、多くの小学校受験をされる家庭は、受験用の服を準備しています。

決まりはないようですが、「紺色」の服を準備される方が多いようです。

結婚式等の冠婚葬祭時のフォーマルな服装です。

第一印象は大事ですので、服装選びにも気を付けたいですね。

 

小学校によっては、幼稚園の制服でOKというところもあるようですので、事前に確認される事をおすすめします。

 

男の子は半ズボンが多いです。

男の子用で、お受験用の服がセットになっているので、色々選ばすに済むので便利です。

\こちらもお店は、元お受験塾スタッフが常駐しているのでおススメ服装選びの際は頼れるお店です/

【送料無料】全て日本製【ベスト付】男の子用 小学校受験お受験服セット男の子用のお受験服が全て揃う!ポロシャツ×2/洗えるベスト/バミューダ/ソックス×2【あす楽対応商品】

 

女の子はスカートがおススメです。

女の子の服選びは、ご両親だけでなく、お子様も気を遣うと思いますので、プロに任せたら安心ですね。

\受験だけでなく、入園式や卒園式など、幅広く利用出来るデザインです。/

【送料無料】全て日本製【ベスト付】女の子用 小学校お受験服セットお嬢様のお受験服が全て揃う!ポロシャツ×2/洗えるベスト/キュロット/ソックス【あす楽対応商品】

 

 

あまりにラフな服装だと、面接時に良い印象を与えませんので、清楚感のある服装を選ぶことをお勧めします。

 




小学校受験の面接で合格する子供のポイント

 

小学校受験に合格するには親も大事ですが、一番大事なのは子供さんですよね。

小学校受験の面接で合格する子供のポイントを見てみましょう。

 

  • 返事や挨拶をしっかりできる
  • 自分の名前をしっかり言える
  • 目を見て話せる
  • 姿勢がしっかりしている
  • 物事にテキパキと答えられる
  • 「です」「ます」できちんと話せる

等が、代表的なポイントです。

小学校受験をする子どもさんは、上記の点はしっかり出来る子が多いと思いますが、面接前に再度確認しておきましょう。

 




小学校受験の面接まとめ

小学校受験の面接で、学校側が一番毛転しているのは、入学後に学校側と家庭側でトラブルにならないかです。

学校側に過度な期待や要望をする家庭だと、入学後に色んな問題を起こす原因になるのでその点も面接時に判断されます。

色んな意味で、小学校受験の面接はとても大切ですので、あらかじめしっかり学校の教育方針などを確認して面接にのぞんで下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良かったらこちらもご覧ください↓

小学校受験の面接で父親不在は合格不合格に関係する?注意点や対処方を紹介!

梶田光の中学校はどこ?数学やピアノの天才(ギフテッド)の親も凄い!

柴山翔太(最年少校長)の学歴が気になる!リアルドラゴン桜のWikiプロフは?

 

話題のネタ
naruをフォローする
転勤族妻が教える美味しくお得なお店や

コメント

タイトルとURLをコピーしました