柳川ひまわり園2022年見頃は?ライトアップやアクセス情報!

イベント

 

柳川ひまわり園は、有明海に面した干拓地にあります。

干拓地に広がる大輪のひまわりは迫力があります。

柳川ひまわり園では、青空と一面に広がる黄色のコントラストがとても魅力的です。

今回は、柳川ひまわり園2022年見頃はいつか?

柳川ひまわり園2022年のライトアップやアクセス情報についてまとめてみました。

 

 

柳川ひまわり園2022年見頃は?

ヒマワリ

 

柳川ひまわり園2022年の開園の詳細はまだ発表されていません。

過去の情報を掲載していますので、参考にして下さい。

2022年の情報が入り次第、情報を更新します(^^♪

 

柳川ひまわり園は、例年は、7月下旬~8月上旬が開園時期です。

しかし、2021年か開園時期の変更があり、11月上旬に開園となりました。

 

 

2021年は11月1日は満開となり見頃を迎えていたようです↓

 

2021年11月4日もまだまだ満開だったようですよ↓

 

2019年は7月27日はほぼ満開でした↓

 

最新の情報は、「柳川ひまわり園」のFacebookでも確認できます。

 




 

柳川ひまわり園2022年概要

ヒマワリ

 

柳川ひまわり園について紹介します。

 

名前:柳川ひまわり園

 

広さ:5ヘクタール(東京ドーム約1個分)

 

ヒマワリの本数:50万本

 

住所:柳川市橋本町

 

駐車場:約300台(一般車1台500円 観光バス1台1000円)

※駐車場代は、環境整備協力金として使われます。

協力した方にはヒマワリの種がプレゼントされます。

 

入園料:入園無料

※見頃が過ぎたくらいから、お一人様10本迄持ち帰り出来ます。

ハサミは各自準備が必要です。

問い合わせ先:一般社団法人むつごろう(0944-72-0819)

 

 

\ひまわりの時期はまだまだ日焼け対策をしっかりしてひまわり観賞に行ってくださいね/

 

柳川ひまわり園2022年ライトアップやアクセス情報!

ひまわり

 

柳川ひまわり園は、ひまわりの持ち帰りが出来たり、ひまわり畑のライトアップがされたりと、他のひまわり園と違う楽しみ方も出来ます。

 

柳川ひまわり園2022年ライトアップ

ひまわり

お花の観賞は、昼間の明るい時に楽しむことが多いですが、柳川ひまわり園は夜もライトアップで楽しめます。

昼間と違う、ひまわりの様子が見れます。

昼間のひまわりは、太陽のもとで咲き誇っている印象ですが、夜のひまわりは雰囲気が一変します。

風に揺れながら静かに咲いている感じですので、不思議な雰囲気を味わえます。

ライトアップは、日没から21時まで行われています。

 

 

 

ライトアップ以外にも、ひまわりの切り花の販売も行われています。

柳川ひまわり園から800m離れた「むつごろうランド」でもマルシェや収穫体験等も行われています。

 

柳川ひまわり園2022年アクセス情報

ひまわり

 

 

柳川ひまわり園の会場は、「柳川市橋本町」です。

むつごろうランドから西へ800mです。

 

 

電車の場合は、西鉄大牟田線柳川駅下車→タクシーで約15分




柳川ひまわり園2022年まとめ

柳川ひまわり園は、コロナの影響でで開園時期が変更になる場合があります。

ひまわりは、夏のイメージですが、秋に見るひまわりもとても素敵ですよ。

何より、ひまわり観賞時、あまり暑くないのが嬉しいです(笑

柳川ひまわり園2022年の新しい情報が入り次第、更新します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

イベント
naruをフォローする
すぐるんママチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました