立花隆(ジャーナリスト評論家)家族はいる?おすすめの本5選!

話題のネタ

政治や経済、そして宇宙や医療など幅広いテーマで多くの本を発表、ジャーナリスト評論家の立花隆(たちばなたかし)さんが亡くなられました。

歴史に残るジャーナリストである事は間違いありません。

立花隆(ジャーナリスト評論家)家族はいる?おすすめの本5選!についてまとめてみました。

立花隆(ジャーナリスト評論家)家族はいる?

 

 

「知の巨人」として知られている立花隆さんがお亡くなりになられました。

80歳でした。

ご家族はいらっしゃったのでしょか?

お兄さんがいらっしゃいます。

お兄さんは朝日新聞社監査役を務められた橘弘道(たちばなひろみち)さんです。

以前、立花隆さんは著作で離婚したことを記されています。

別れた奥様は、翻訳家の立花理子さんです。

2000年に肺がんにより亡くなられています

橘理子さんは、津田塾大学を卒業後、立花隆さんと結婚し、男児をもうけましたが、5年ほどで離婚されました。

その後、立花理子さんは1人息子を育てあげ、息子さんが就職された後イギリスに留学されました。

ロンドンでの交遊録をまとめたのが「女50歳からのわたし探しのロンドン留学」です。

立花理子さんの肺がんが発覚したのは、イギリス留学から帰国した後でした。

『飛鳥への伝言ーがん宣告の母から息子への50通の手紙』は、一人息子のために残した闘病記と言われています。

闘病中は、立花隆さんも病院に同行するなど、立花理子さんを支え最後も見とったと思われます。

その後、立花隆さんが再婚したかどうか、残念ながら情報が見当たりませんでした。

一人息子さんも、現在何をされているか不明です。

 

プロフィール

生年月日:1940年5月28日

死去:2021年4月30日

血液型:A型

出身地:長崎県長崎市

最終学歴:東京大学文学部フランス文学科

1995年公開のジブリ作品「耳をすませば」で主人公の父役で声の出演をされました。

 

 




立花隆(ジャーナリスト評論家)おすすめの本5選!

 






まとめ

また偉大な方が亡くなられてしまいました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

良かったらこちらもご覧ください↓

適応障害になった芸能人(有名人)は?復帰の時期やタイミングに注意!

寺川琉之介(水泳)wikiプロフ高校はどこ?オーストラリアで活躍って本当!

話題のネタ
naruをフォローする
転勤族妻が教える美味しくお得なお店や

コメント

タイトルとURLをコピーしました